主要文献(Rhoのシグナル伝達・細胞機能・個体での役割)
HOME > 主要文献 ( Rhoのシグナル伝達・細胞機能・個体での役割 )
No. 原著論文 PubMed
1.
Ohashi, Y. & Narumiya, S. (1987) ADP-ribosylation of a Mr 21,000 membrane protein by type D botulinum toxin. J. Biol. Chem. 262, 1430-1433
ボツリヌス毒素標品中に見出された分子量21Kの細胞蛋白質をADPリボシル化する新規酵素の報告。我々のRho 研究の出発点となった。
2.
Morii, N., Sekine, A., Ohashi, Y., Nakao, K., Imura, H., Fujiwara, M., & Narumiya, S. (1988) Purification and properties of the cytosolic substrate for botulinum ADP-ribosyltransferase. Identification as an Mr 22,000 guanine nucleotide binding protein. J. Biol. Chem., 263, 12420-12426
上記のADPリボシル化酵素の細胞基質の精製。これにより、この基質がGTP結合蛋白質であることがわかった。
3.
Narumiya, S., Sekine, A. & Fujiwara, M. (1988) Substrate for botulinum ADP-ribosyltransferase, Gb, has an amino acid sequence homologous to a putative rho gene product. J. Biol. Chem., 263, 17255-17257
上記精製基質蛋白質のアミノ酸配列を決定して、これがRho蛋白質であることを同定した。
4.
Sekine, A., Fujiwara, M. & Narumiya, S. (1989) Asparagine residue in the rho gene product is the modification site for botulinum ADP- ribosyltransferase. J. Biol. Chem., 264, 8602-8605
精製Rho蛋白質をADPリボシル化して、ADPリボシル化が41番目のアスパラギン残基に起こることを同定した。
5.
Morii, N., Ohashi, Y., Nemoto, Y., Fujiwara, M., Ohnishi, Y., Nishiki, T., Kamata, Y., Kozaki, S., Narumiya, S. & Sakaguchi, G. (1990) Immunochemical identification of the ADP-ribosyltransferase in botulinum C1 neurotoxin as C3 exoenzyme-like molecule. J. Biochem. (Tokyo), 197, 769-775
毒素標品中のADPリボシル化酵素が毒素そのものでなく、20K位の分子量からなる菌体外酵素C3であることを同定した。
6.
Nishiki, T., Narumiya, S., Morii, N., Yamamoto, M., Fujiwara, M., Kamata, Y., Sakaguchi, G. & Kozaki, S. (1990) ADP-ribosylation of the rho/rac products induces growth inhibition, neurite outgrowth and acetylcholine esterase in cultured PC-12 cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 167, 265-272
C3酵素をPC-12細胞に加えることにより神経突起形成が起こることを示した論文。これにより、Rhoが神経細胞の形態発現に関与することが示された。
7.
Morii, N., Kawano, K., Sekine, A., Yamada, T. & Narumiya, S. (1991) Purification of GTPase-activating protein specific for the rho gene products. J. Biol. Chem. 266, 7646-7650
Rhoに特異的なGAP蛋白質の活性を同定し、均一にまで精製した。
8.
Nemoto, Y., Namba, T., Kozaki, S. & Narumiya, S. (1991) Clostridium botulinum C3 ADP-ribosyltransferase gene; cloning, sequencing and expression of a functional protein in Escherichia coli. J. Biol. Chem., 266, 19312-19319
ボツリヌス菌からC3酵素遺伝子をクローンングした。現在、我々が使用し、世界中の研究者に提供しているC3酵素はこれをrecombinant蛋白質として大腸菌で発現したもの。
9.
Nemoto, Y., Namba, T., Teru-uchi, T., Ushikubi, F., Morii, N. & Narumiya, S. (1992) A rho gene product in human blood platelets. I. Identification of the platelet substrate for botulinum C3 ADP-ribosyltransferase as rhoA protein. J. Biol. Chem. 267, 20916-20920
血小板からC3酵素基質を精製し、これがRhoA蛋白質であることを同定した。
10.
Morii, N., Teru-uchi, T., Tominaga, T., Kumagai, N., Kozaki, S., Ushikubi, F. & Narumiya, S. (1992) A rho gene product in human blood platelets. II. Effects of the ADP-ribosylation by botulinum C3 ADP-ribosyltransferase on platelet aggregation. J. Biol. Chem. 267, 20921-20926
C3酵素の血小板の反応にたいする効果を解析し、Rhoが血小板の凝集に関係することを示した論文。
11.
Yamamoto, M., Marui, N., Sakai, T., Morii, N, Kozaki, S., Ikai, K., Imamura, S. & Narumiya, S. (1993) ADP-Ribosylation of the rhoA gene product by botulinum C3 exoenzyme causes Swiss 3T3 cells to accumulate in the G1 phase of cell cycle. Oncogene 8, 1449-1455
C3酵素のSwiss3T3細胞の増殖に対する効果を解析し、Rhoが細胞周期のG1-S期進行に関与することを示した。
12.
Tominaga, T., Sugie, K., Hirata, M., Morii, N., Fukata, J., Uchida, A., Imura, H. & Narumiya, S. (1993) Inhibition of PMA-induced, LFA-1-dependent lymphocyte aggregation by ADP-ribosylation of the small molecular weight GTP-binding protien, rho. J. Cell Biol. 120, 1529-1537
RhoがLFA-1とICAM-1の結合に関与することをリンパ球の実験により示した。
13.
Mabuchi, I., Hamaguchi, Y., Fujimoto, H., Morii, N., Mishima, M. & Narumiya, S. (1993) A rho-like protein is involved in the organisation of the contractile ring in dividing sand dollar eggs. Zygote 1, 325-331
ウニ受精卵の卵割に対するC3酵素の効果を調べ、Rhoが核分裂のあとに活性化され収縮環の誘導と維持を行って細胞質分裂を遂行していることを明確に示した論文。
14.
Kumagai, N., Morii, N., Fujisawa, K., Nemoto, Y. & Narumiya, S. (1993) ADP-ribosylation of rho p21 inhibits lysophosphatidic acid-induced protein tyrosine phosphorylation and phosphatidylinositol 3-kinase actviation in cultured Swiss 3T3 cells. J. Biol. Chem. 268, 24535-24538
C3酵素のチロシンリン酸化蛋白質に対する効果を解析し、Rhoが細胞接着斑のシグナリングに関与していることを示した。
15.
Jalink, K., van Corven, E.J., Hengeveld, T., Morii, N., Narumiya, S. & Moolenaar, W.H. (1994) Inhibition of lysophosphatidate- and thrombin-induced neurite retraction and neuronal cell rounding by ADP-ribosylation of the small GTP-binding protein Rho. J. Cell Biol., 126, 801-810
N1E-115細胞のLPAやトロンビンによる神経突起退縮に対するC3酵素の効果を解析し、Rhoがこの過程に関与することを示した。
16.
Madaule, P., Furuyashiki, T., Reid, T., Ishizaki, T., Watanabe, G., Morii, N. & Narumiya, S. (1995) A novel partner for the GTP-bound forms of rho and rac. FEBS Lett., 377, 243-248
酵母2ハイブリッド法を適用し、Rhoに対するエフェクターとしてシトロンという分子を単離した。2ハイブリッド法を用いた一連のRhoエフェクター分子の単離研究の先駆けとなった。
17.
Watanabe, G., Saito, Y., Madaule, P., Ishizaki, T., Fujisawa, K., Morii, N., Mukai, H., Ono, Y., Kakizuka, A. & Narumiya, S. (1996) Protein kinase N (PKN) and PKN-related protein rhophilin as targets of small GTPase Rho. Science, 271, 645-648
酵母2ハイブリッド法を応用し、Rhoに対するエフェクターとして相同性のあるRho結合領域をもつ2つの分子、PKNとRhophilin、を単離し、PKNの蛋白質リン酸化活性酵素がRhoの活性化により増強することを示した。
18.
Ishizaki, T., Maekawa, M., Fujisawa, K., Ohkawa, K., Iwamatsu, A., Fujita, A., Watanabe, N., Saito, Y., Kakizuka, A., Morii, N. & Narumiya, S. (1996) The small GTP-binding protein Rho binds to and activates a 160 kDa Ser/Thr protein kinase homologous to myotonic dystrophy kinase. EMBO J., 15, 1885-1893
GTP-Rhoをリガンドとするオーバーレイ法を用いて血小板ホモジネートより結合蛋白質として、160kDaの蛋白質リン酸化酵素を単離し、ROCKと名付けた。以後の研究によりROCKはRhoの主要なエフェクターの一つであることが同定された。
19.
Reid, T., Furuyashiki, T., Ishizaki, T., Watanabe, G., Watanabe, N., Fujisawa, K., Morii, N., Madaule, P. & Narumiya, S. (1996) Rhotekin, a new Rho target protein bearing homology to a serine/threonine kinase, PKN, and rhophilin in the Rho-binding domain. J. Biol. Chem., 271, 13556-13560
酵母2ハイブリッド法により新たなRhoエフェクターRhotekin単離した。単離したRhotekinのRho結合領域は、世界中で広く使われているGTP型Rhoを定量するpull-down 法に用いられている。
20.
Fujisawa, K., Fujita, A., Ishizaki, T., Saito, Y. & Narimiya, S. (1996) Identification of the Rho binding domain of p160 ROCK, a Rho-associated coiled-coil containing protein kinase. J. Biol. Chem., 271, 23022-23028
ROCKの様々な断片を用いて、そのRho結合領域をcoiled-coil領域のC端側に同定したもの。
21.
Nakagawa, O., Fujisawa, K., Ishizaki, T., Saito, Y., Nakao, K. & Narumiya, S. (1996) ROCK-I and ROCK-II, two isoforms of Rho-associated coild-coil forming protein serine/threonine kinase in mice. FEBS Lett., 392, 189-193
ROCKの二つのアイソフォームROCK-IとROCK-IIをマウスからクローニングした。
22.
Watanabe, N., Madaule, P., Reid, T., Ishizaki, T., Watanabe, G., Kakizuka, A., Saito, Y., Nakao., K., Jockusch, B.M. & Narumiya, S. (1997) p140 mDia, a mammalian homolog of Drosophila diaphanous, is a target protein for Rho small GTPase and is a ligand for profilin. EMBO J., 16, 3044-3056
酵母2ハイブリッド法により新たなRhoエフェクターmDiaを単離し、これがプロフィリンと結合することにより、アクチン重合に関与することを示した。これは、Rhoのアクチンに対する作用の一つの原型となった。
23.
Hirai, A., Nakamura, S., Noguchi, Y., Yasuda, T., Kitagawa, M., Tatsuno, I., Oeda, T., Tahara, K., Terano, T., Narumiya, S., Kohn, L.D. & Saito, Y. (1997) Geranylgeranylated Rho small GTPase(s) are essential for the degradation of p27Kip1 and facilitate the progression from G1 to S phase in growth-stimulated rat FRTL-5 cells. J. Biol. Chem., 272, 13-16
FRTL-5細胞を用い、Rho蛋白質がp27Kip1のレベルを調節し、細胞周期進行の調節に関与していることを示唆した。
24.
Ishizaki, T., Naito, M., Fujisawa, K., Maekawa, M., Watanabe, N., Saito, Y. & Narumiya, S. (1997) p160ROCK, a Rho-associated coiled-coil forming protein kinase, works downstream of Rho and induces focal adhesions. FEBS Lett., 404, 118-124
ROCKの様々な変異体を発現することにより、このRhoエフェクターがストレスファイバーと細胞接着斑の形成に関与することを示した。この仕事で開発されたKD-IA変異体はROCKのdominant negative 体として用いられている。
25.
Fujita, A., Saito, Y., Ishizaki, T., Maekawa, M., Fujisawa, K., Ushikubi, F. & Narumiya, S. (1997) Integrin-dependent translocation of p160ROCK to a cytoskeletal complex in thrombin-stimulated human platelets. Biochem. J., 328, 769-775
血小板凝集時のROCKの動態を解析することにより、ROCKが凝縮に伴い細胞骨格に組み込まれることを示した。
26.
Uehata, M., Ishizaki, T., Satoh, H., Ono, T., Kawahara, T., Morishita, T., Tamakawa, H., , Yamagami, K., Inui, J., Maekawa, M. & Narumiya, S. (1997) Calcium sensitization of smooth muscle mediated by a Rho-associated protein kinase in hypertension. Nature 389, 990-994
ROCKの特異的阻害薬としてY-27632を発見し、これを用いた実験によりROCKが平滑筋の収縮や高血圧の発現に関与することを示した。この化合物は、ROCKの作用を解析するツールとして広く用いられている。
27.
Fujisawa, K., Madaule, P., Ishizaki, T., Watanabe, G., Bito, H., Saito, Y., Hall, A. & Narumiya, S. (1998) Different regions of Rho determine Rho-selective binding of different classes of Rho target molecules.J. Biol. Chem., 273, 18943-18949
RhoとRacのキメラ蛋白質を用いてこれらと各種Rhoのエフェクターの結合を解析し、エフェクターの種類により結合するRhoの部位が異なることを示した。
28.
Madaule, P., Eda, M., Watanabe, N., Fujisawa, K., Matsuoka, T., Bito, H., Ishizaki, T. & Narumiya, S. (1998) Role of citron kinase as a target of the small GTPase Rho in cytokinesis. Nature, 394, 491-494
citronのキナーゼ・アイソフォームを単離し、その細胞内分布と活性から、これが細胞質分裂に働くRhoエフェクターの一つであることを示した。
29.
Tominaga, T., Ishizaki, T., Narumiya, S. & Barber, D.L. (1998) p160ROCK mediates RhoA activation of Na-H exchange. EMBO J., 17, 4712-4722
Y-27632とROCKの変異体を用い、RhoからROCKに至る経路が刺激に伴うNa-H交換体の活性化に関与することを示した。
30.
Hirose, M., Ishizaki, T., Uehata, M., Kranenburg, O., Moolenaar, W.H., Matsumura, F., Maekawa, M., Bito, H. & Narumiya, S. (1998) Molecular dissection of the Rho-associated protein kinase (p160ROCK)-regulated neurite remodeling in neuroblastoma N1E-115 cells. J. Cell Biol., 141, 1625-1636
N1E-115細胞を用い、神経突起の退縮にRho-ROCK経路が関与していることを示した。
31.
Furuyashiki, T., Fujisawa, K., Fujita, A., Madaule, P., Uchino, S., Mishina, M., Bito, H, & Narumiya, S. (1998) Citron, a Rho-target, interacts with PSD-95/SAP-90 at glutamatergic synapses in the thalamus. J. Neuroscience, 19, 109-118
Rhoエフェクターの一つ、citron、が視床ニューロンに存在し、そのシナプスにおいてNMDA受容体のsubunitやpost-synaptic densityの蛋白質の一つ、PSD95、と複合体を形成していることを示した。
32.
Itoh, K., Yoshioka, K., Akedo, H., Uehata, M., Ishizaki, T. & Narumiya, S. (1999) An essential part for Rho-associated kinase in the transcellular invasion of tumor cells. Nature Med., 5, 221-225
Y-27632 とROCK変異体を用いることにより、がん細胞の浸潤にROCKが必要であることを、in vitro, in vivoのモデル系で示した。
33.
Sahai, E., Ishizaki, T., Narumiya, S. & Treisman, R. (1999) Transformation mediated by RhoA requires ROCK family kinase activity. Curr. Biol., 9, 136-145
Y-27632 とROCK変異体を用いることにより、Rasによる細胞の悪性化にROCK活性が必要である事を示した。
34.
Suzuki, Y., Yamamoto, M., Wada, H., Ito, M., Nakano, T., Sasaki, Y., Narumiya, S., Shiku, H. & Nishikawa, M. (1999) Agonist-induced regulation of myosin phosphatase activity in human platelet through activation of Rho-kinase. Blood, 93, 3408-3417
血小板凝集時のミオシンリン酸化をミニターすることにより、凝集刺激の程度により、Rho-ROCK経路とCa-CaM-MLCK経路が使い分けられていることを示した。
35.
Nakamura, K., Fujita, A., Murata, T., Watanabe, G., Mori, C., Fujita, J., Watanabe, N., Ishizaki, T., Yoshida, O. & Narumiya, S. (1999) Rhophilin, a small GTPase Rho binding protein, is abundantly expressed in the mouse testis and localized in the principal piece of sperm tail. FEBS Lett., 445, 9-13
Rhophilinに対する抗体を用いて、このRhoエフェクターが精子の尾部に局在することを示した。
36.
Watanabe, N., Kato, T., Fujita, A., Ishizaki, T. & Narumiya, S. (1999) Cooperation between mDia and ROCK in Rho-induced actin reorganization. Nature Cell Biol., 1, 136-143
mDia活性化の分子機構を明らかにするとともに、ROCKとmDiaの活性化変異体を共発現することにより、Rhoのアクチン表現型の発現には、この二つのエフェクターの働きが重要であることを示した。
37.
Maekawa, M., Ishizaki, T., Boku, S., Watanabe, N., Fujita, A., Iwamatsu, A., Obinata, T., Ohashi, K., Mizuno, K. & Narumiya, S. (1999) Signalling form Rho- to the actin cytoskeleton through protein kinases ROCK and LIM-kinase. Science, 285, 895-898
ROCKによるアクチン動態調節の経路として、ROCKからLIM-kinaseを経てcofilinのリン酸化によりアクチン線維の脱重合を阻害する経路があることを示した。
38.
Fujita, A., Nakamura, K., Kato, T., Watanabe, N., Ishizaki, T., Kimura, K., Mizoguchi, A., & Narumiya, S. (2000) Ropporin, a sperm-specific binding protein of rhophilin, that is localized in the fibrous sheath of perm flagella. J. Cell Sci., 113, 103-112
酵母2ハイブリッド法を用いて、Rhophilinの結合蛋白質として新規蛋白質ropporinを単離し、これらが精子の尾部に存在することを示した。
39.
Kimura, K., Tsuji, T., Takada, Y., Miki, T. & Narumiya, S. (2000) Accumulation of GTP-bound RhoA during cytokinesis and a critical role of ECT2 in this accumulation. J. Biol. Chem., 275, 17233-17236
mDiaのRho結合領域を用いたpull-down法により、細胞分裂時にGTP-Rhoがanaphaseからtelophaseにかけて集積することを、示した。
40.
Bito, H., Furuyashiki, T., Ishihara, H., Shibasaki, Y., Ohashi, K., Mizuno, K., Maekawa, M., Ishizaki, T. & Narumiya, S. (2000) A critical role for a Rho-associated kinase, p160ROCK, in determining axon outgrowth in mammalian CNS neurons. Neuron, 26, 431-441
マウス小脳の顆粒細胞の初期培養系を用いて、Rho-ROCK経路がアクソン伸長をnegativeに調節していることを示した。
41.
Honjo, M., Tanihara, H., Inatani, M., Kido, N., Sawamura, T., Yue, B.Y., Narumiya, S. & Honda, Y. (2001) Efects of Rho-associated protein kinase inhibitor Y-27632 on intraocular pressure and outflow facility. Invest. Opthalmol. Vis. Sci., 42. 137-144
Y-27632の眼圧低下作用を見出し、ROCK阻害薬の緑内障治療薬として可能性を明らかにした。
42.
Ishizaki, T., Morishima, Y., Furuyashiki, T., Kato, T. & Narumiya, S. (2001) Coordination of microtubules and actin cytoskeleton by a Rho effector, mDia1. Nature Cell Biol., 3. 8-14
活性化mDia変異体の表現型を解析することにより、mDiaがアクチンのみならず、微小管の配列を調節していることを始めて示した。
43.
Kato, T., Watanabe, N., Morishima, Y., Fujita, A., Ishizaki, T. & Narumiya, S. (2001) Localization of a mammalian homolog of Diaphanous, mDia1, to the mitotic spindle in HeLa cells.. J. Cell Sci., 114, 775-784
分裂細胞においてmDia1が紡錘体微小管に局在することを示し、この局在に必要なモチーフを同定した。
44.
Riveline, D., Zamir, E., Balaban, N.Q., Schwarz, U.S., Ishizaki, T., Narumiya, S., Kam, Z., Geiger, B. & Bershadsky, A.D. (2001) Focal contacts as mechanosensors: Externally applied local mechanical force induces growth of focal contacts by an mDia1-dependent and ROCK-independent mechanism. J. Cell Biol., 153, 1175-1186
接着細胞に外部張力を負荷したときに見られる細胞接着斑の形成にRho-mDia経路が働いていることを示した。
45.
Eda, M., Yonemura, S., Kato, T., Watanabe, N., Ishizaki, T., Madaule, P. and Narumiya, S. (2002) Rho-dependent transfer of Citron-kinase to the cleavage furrow of dividing cells. J. Cell Sci., 114, 3273-3284
ciron kinaseの細胞分裂時の動態を解析し、この分子がRho依存性に微小管をへて分裂溝に局在することを示した
46.
Tsuji, T., Ishizaki, T., Okamoto, M., Higashida, C., Kimura, K., Furuyashiki, T., Arakawa, Y., Birge, R. B., Nakamoto, T., Hirai, H., & Narumiya, S.(2002) ROCK and mDia1 antagonize in Rho-dependent Rac activation in Swiss 3T3 fibroblasts. J. Cell Biol. 157, 819-830
LPAによる血清飢餓細胞の形態変化に対するC3酵素とY-27632の効果を比較検討し、RhoからmDiaをへてRacの活性化に至る経路が存在すること、この経路はRho-ROCK経路と機能的に拮抗していることを示した。
47.
Chevrier, V., Piel, M., Collomb, N., Saoudi, Y., Frank, R., Paintrand, M., Narumiya, S., Bornens, M. & Job, D. (2002) The Rho-associated protein kinase p160ROCK is required for centrosome positioning. J. Cell Biol. 157, 807-817
ROCK-1が中心体に存在し、mother とdaughter のcentriole間の距離を決めていることを示唆する論文。
48.
Narumiya, S. & Mabuchi, I. (2002) Spinning actin to divide. Nature, 419, 27-28
同号のNatureに掲載された論文をもとに、細胞質分裂の収縮環におけるアクチンのdynamicsについて論じた。
49.
Minoshima, Y., Kawashima, T., Hirose, K., Tonozuka, Y., Bao, Y.V., Deng, X., Tatsuka, M., Narumiya, S., May, W.S., Semba, K., Satoh, T., Nosaka, T., Inagaki, M. & Kittamura, T. (2003) Phosphorylation by Aurora B Converts MgcRacGAP to a RhoGAP during Cytokinesis. Dev. Cell, 4, 549-560
MgcRacGAPのRhoに対する触媒活性がtelophaseでのAurora kinase Bによるリン酸化により生じることを明らかにした。
50.
Arakawa, Y., Bito, H., Furuyashiki, T., Tsuji, T., Takemoto-Kimura, S., Kimura, K., Nozaki, K., Hashimoto, N., & Narumiya, S. (2003) Control of axon elongation via an SDF-1?/Rho/mDia pathway in cultured cerebellar granule neurons. J. Cell Biol., 161 381-391
小脳顆粒細胞を用い、SDF-1αが濃度依存的にアクソン伸長と退縮を起こすこと、これが細胞内のRhoの活性化レベルに依存すること、伸長はRhoよりmDiaに至る経路でおこり、退縮はROCKに至る経路で起こることを示し、Rhoの下流で働くmDia とROCKのバランスにより形態が決定されることを示した。
51.
Thumkeo, D., Keel, J., Ishizaki, T., Hirose, M., Nonomura, K., Oshima, H., Oshima, M., Taketo, M.M. & Narumiya, S. (2003) Targeted disruption of the mouse Rho-associated kinase 2 (mROCK-II) gene results in intrauterine growth retardation and fetal death. Mol Cell. Biol., 23, 5043-5055
ROCK-II欠損マウスを作成し、ホモ接合体の大半が胎盤Labyrinth layerでの血栓形成による機能不全で死亡すること、しかし、残ったものは、見掛け上、正常の発達をしていくことを示した。
52.
   Higashida, C., Miyoshi, T., Fujita, A., Oceguera-Yanez, F., Monypenny, J., Andou. Y., Narumiya, S. & Watanabe, N. (2004) Actin polymerization-driven molecular movement of mDia1 in living cells. Science, 303, 2007-2010
mDia1の活性化体をGFP融合蛋白質としてXenopus XCT fibroblasts に発現させ、生細胞でのmDia1の挙動をGFPのspeckleとして観察したもの。これにより、mDia1がactin重合依存性に直線的に動く様子が明らかになった。
53.
Yasuda, S., Oceguera-Yanez, F., Kato, T., Okamoto, M., Yonemura, S., Terada, Y., Ishizaki, T. & Narumiya, S. (2004) Cdc42 and mDia3 regulate microtubule attachment to kinetochores. Nature, 428, 767-771
核分裂に焦点をあて、Rho GTPasesの関与とシグナリングを解析したもの。これにより、Cdc42とmDia3が染色体キネトコアと紡錘体微小管との結合を安定化することにより染色体の分離を制御していることが明らかとなった。
54.
Shimada, A., Nyitrai, M., Vetter, I. R., Kuhlmann, D., Bugyi, B., Narumiya, S., Geeves, M. A., and Wittinghofer, A. (2004) The core FH2 domain of diaphanous-related formins is an elongated actin binding protein that inhibits polymerization. Mol Cell. 13, 511-522
mDia1のFH2ドメインのX線結晶構造解析に成功し、FH2ドメインがα helix 主体の3つのサブドメインから成る半月状の構造であることを明らかにした。また、このFH2ドメインからN端側75アミノ酸を延長した断片がホモ2量体を形成しアクチン重合を促進することを見出した。
55.
Oceguera-Yanez, F., Kimura, K,, Yasuda, S., Higashida, C., Kitamura, T., Hiraoka, Y., Haraguchi, T., and Narumiya, S. (2005) Ect2 and MgcRacGAP regulate the activation and function of Cdc42 in mitosis. J Cell Biol. 168, 221-232
Yasuda et al, (上記文献53) で、我々はCdc42が染色体分離に働いていることを示したが、本論文では、Cdc42が実際に分裂中期に活性化されていること、この活性化がRho特異的GEFのEct2とGAP、MgcRacGAP、により調節されていることを明らかにした。Ect2とMgcRacGAPは、これまで分裂終期のRhoの活性化を調節していることが報告されており、この結果は、二つの同じ分子が分裂周期によってCdc42とRhoという異なるGTPasesを調節していることを示唆するものとして注目される。
56.
Shimizu, Y., Thumkeo, D., Keel, J., Ishizaki, T., Oshima, H., Oshima, M., Noda, Y., Matsumura, F., Taketo, M. M., and Narumiya, S. (2005) ROCK-I regulates closure of the eyelids and ventral body wall by inducing assembly of actomyosin bundles. J Cell Biol. 168, 941-953
ROCK-I欠損マウスを作成し、ホモ接合体が、眼瞼や臍周囲でのアクトミオシン束の形成不全により臍ヘルニアおよび閉眼異常を呈し、大半が出生直後に死亡することを示した。これにより、ROCKが発生時の体壁閉鎖に必須であることが明らかになった。
57.
Yamana, N,, Arakawa, Y., Nishino, T., Kurokawa, K., Tanji, M., Itoh, R. E., Monypenny, J., Ishizaki, T., Bito, H., Nozaki, K., Hashimoto, N., Matsuda, M., and Narumiya, S. (2006) The Rho-mDia1 pathway regulates cell polarity and focal adhesion turnover in migrating cells through mobilizing Apc and c-Src. Mol Cell Biol. 26:6844-6858
ラットC6グリオーマ細胞を用い、Rho-mDia1経路が移動の方向性と細胞体の移動の調節に関与していること、前者の極性形成は、この経路が微小管を介して細胞前縁にCdc42やApcを集積すること により行われること、また、後者は、この経路がアクチン依存性に活性化c-Srcを細胞接着斑へ集積させ細胞接着斑の回転を促進するためであること、を明らかにした。